湯たんぽ療法一覧

捻挫(ねんざ)は、関節ひねって痛めるケガのことです。

捻挫(ねんざ)は、関節ひねって痛めるケガのことです。
不自然な状態でひねることで関節の靱帯や腱、軟骨などが傷つくケガのことです。
関節部分の血管が傷ついて内出血を起こすと、その部分が腫れてきますし、関節の中ではひどく腫れることもあります。
体の、どこの関節にも起こる可能性がありますが、足首や指や膝などに多くみられ、突き指も捻挫(ねんざ)のひとつです。
運動のほか、転んだり、階段を踏み外したりして起こるケースも多くあります。
筋肉、靱帯、関節、血管などに損傷による炎症、傷などの刺激によって、痛みが起こります。

捻挫(ねんざ)は、靱帯の傷つき具合によって、3段階に分けられます。
1度 痛みも腫れも軽く、靱帯が一時的に伸びている程度
2度 靱帯の一部が切れている状態
3度 靱帯が完全に切れていて(靱帯断裂)、関節が不安定な状態
靱帯だけでなく筋肉や腱が傷ついたり、靱帯に強く引っ張られて骨の一部がはがれるはく離骨折を起こすこともあります。さらに、骨が強く押されて圧迫骨折したり、関節軟骨が傷つき、亀裂、ささくれ、へこんだりすることもあります。


ひざ痛の原因に注目しましょう。

ひざ痛の原因に注目しましょう。
ちょっとした動きでズキンとくる「ひざの痛み」。
軟骨のすり減りが直接の原因かのほかに、実はもう一つ忘れてはならない原因があります。
それは、関節の周りを袋のように覆う「関節包」です。
この関節包には、回りに軟部組織がありそこに神経がたくさんあります。
これが硬くなることによって、ちょっとした刺激で痛みを感じやすくなり、曲げ伸ばしがしづらくなったりします。
関節包は加齢や炎症で、硬くなります。
硬い関節包は、痛みの大きな原因となります。
仰向けになって足首を持ち、お尻まで引き寄せてみて「かかとがお尻につかない」場合は、関節包が硬くなってきています。
その場合は、柔らかい関節にするために血行を良くしましょう。
ひざ伸ばしたり曲げたりの軽い運動の前に、硬い関節包を温めたり、マッサージでひざ周辺をほぐします。
血行を良くする整体は、最も優れた方法です。


側弯症(そくわんしょう)、脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)は、脊柱(せきちゅう)がねじれて曲がる病気です。

側弯症(そくわんしょう)、脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)は、脊柱(せきちゅう)がねじれて曲がる病気です。
背骨が前後以上に左右に弯曲(わんきょく)した状態です。
背骨自体の左右の湾曲だけでなく、ねじれもを伴うこともあります。
小児期にみられる脊柱変形を指す事が多いですが、成人にも多く出てきました。
左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの違い、胸郭(きょうかく)の変形、肋骨や腰部の隆起(前かがみをした姿勢で後ろから背中をみた場合)、などにより変形を生じていることが確認出来ます。
側弯が進行すると、腰背部痛や心肺機能の低下をきたすことが特に上げられますが、
頭痛、肩こり、ばかりで無く、当院の患者さんで座骨部の痛み、股関節、ひざ、かかと、足裏のつちふまずの変形までおこります。

原因と病態
日本での発生頻度は1~2%程度です。
原因不明のものもありますが、先天的な異常による側弯、
神経や筋の異常による側弯もあります。

前かがみの姿勢をとり後ろから脊柱を観察すると、側湾が解ります。

病院では、X線(レントゲン)写真から側弯の程度を角度で表しますが、脊椎骨(せきついこつ)や肋骨に異常がないかも同時に調べます。

予防と治療
軽い場合には、運動療法などで経過観察しますが、進行する場合には装具治療を行います。脊柱の成長期である思春期に悪化する場合が多いため、進行する場合は手術による矯正もあります。

つまり、治療法は専用の装具を装着し進行を抑えます。あるいは手術以外には無いと言うことです。

背骨は、中が空洞になっていて、神経などが通っています。

脊椎の曲がりやゆがみによって姿勢が悪い、歩行しにくい、身体のバランスが悪いといった状態になりますので、その影響として胸郭や肋骨の変形がおこるり、肺や心臓のはたらきにも影響がおこります。、呼吸が浅くなったり息切れをしやすくなったりします。また、腰痛の原因にもなります。

治療は専用の装具を装着し進行を抑えます。角度が大きい場合は手術をすることもあります。

ですから、当院の整体をおすすめいたします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症
長く歩いていると足が痛くなってきて、少し休むとまた歩けるようになる。

これは『間欠性跛行』と言われる、脊柱管狭窄症の代表的な症状です。

脊柱管狭窄症とは、脊髄が通るトンネルを形成している脊柱管が背骨が変形し、その変形によって脊柱管を圧迫してしまうことにより起こる疾患です。

椎間板ヘルニアとともに多い疾患です。

脊柱管狭窄症の手術を検討すべきか考えている方、

腰部脊柱管狭窄症の皆さんは整形外科でレントゲン写真やMRIで診断をうけていることでしょう。

脊柱管狭窄症の症状は、お尻や足に痛みやしびれ、坐骨部に神経痛のような痛みがあります。

症状がすすむと歩行がつらくなり筋力が弱くなります。

痛みを無くすことだけを考えていませんか。腰痛持ちの方なら、症状が消えるのを待っていませんか。

しかし腰部脊柱管狭窄症は、他の多くの腰痛の原因とは異なる症状です。

腰部脊柱管狭窄症は、改善の為の努力をしないと悪化する進行性の症状です。

医師による治療はやり尽くして、後は手術待ちの方もいます。

理学療法による運動プログラムによっては、脚の痛みを減らすのに少しは役立っているようです。

しかし、筋力と関節可動域を改善することで、痛みを抑えて歩きやすくする最良の方法になりません。

これが狭窄症の難しい所です。

椎間板が狭い、潰れている、すべり症、が原因で脊柱管狭窄症になっている方などなど、原因は様々です。

原因は様々です。が良くする方法は多くありません。

まず最初に行うべきことは、脊椎を正常な位置に戻すことがたいせつです。

いくら運動や姿勢を良くしても、肝心となる背骨が正常な位置に戻らないとお尻や足に痛みやしびれ、坐骨部に神経痛のような痛みはなくなりません。

手術による治療がリスクの多い事を考えている方も多いです。手術を受けた人の方が合併症の発生率が高いこともおおいからです。


五十肩です。

五十肩です。

五十肩は、50代に多い症状ですが、何と最近では20代~70代にもあります。

40代では「四十肩、しじゅうがた」と呼ばれます。

手を上げた瞬間に激しい痛みを感じ、夜中にズキズキとした痛みを感じることもあります。

症状は、肩の関節の周囲の動きが悪い、腕の動きで肩周辺に痛みが走ります。

肩周りの靭帯の近く・筋肉が固くなってしまい、動きにくくなり炎症を引き起こしてしまいます。

両方の肩の発症は少なく、片方づつの肩に痛みを感じます。

医師による治療法は、痛み止め薬・湿布・注射・リハビリです。

最悪の方法は、手術で完治を目指すケースも存在します。

しかし、肩を温めることのほうが効果的です。

肩の関節の周りの筋肉に痛み、損傷により大きく動かされなくなり、血流が悪くなってしまい、
栄養や酸素が届かないだけでなく「冷え」が生じてしまいます。

この、血流の悪さが五十肩の原因ともなります。

血行を良くするためには、
毎日体操(ストレッチ)を行う。
痛みに軽いストレッチ、激しくはだめです。
肩が出る服や体を冷やす服装はしない。
必ず毎日湯船につかり、肩を温める。
湯たんぽで温めつづける。
肩に効果的なツボ、マッサージ、整体を行ったりしょう。

五十肩は、自分の意識で完治することができる症状です。

人間は無意識に動かさないように意識してしまいがちです。

確かに、場合によっては安静を必要とすることもありますが、
それよりも痛みを緩和するためにも肩を中心に広範囲を温めて行くことです。

肩の血流を悪くしないように、日頃からストレッチ、冷え防止をしましょう。


血行を良くする入浴のひとつに足湯があります。

血行を良くする入浴のひとつに足湯があります。
足腰が冷えているとき、簡単にできる「足湯」を試してみましょう。足湯は、お湯の入った容器に足をつけて温める健康法です。

足湯には下半身を効率よく温める作用があります。そして全身浴や半身浴に次いで血流を良くする効果があります。

足湯の方法
<足湯に必要な物>
両足が入る大きさで足首、膝下までつかる深さのあるバケツ、傘立てに
40~42℃のお湯(やかんなどに多めに用意しておく)をわかしておきます。
容器にお湯をためて足をお湯に15~20分くらいつけます。
途中でお湯が冷めてきたら温かいお湯を追加し、お湯の温度を上げてやります。
足の水気をよくタオルで拭き取ってすぐに靴下を履いて保温しておく
※熱いお湯でやけどをしないように注意しましょう。

足がしっかり温まると、全身もぽかぽかしてきます。足湯をすると効率よく温まるのは「第2の心臓」と呼ばれる足の裏、ふくらはぎの血行がよくなることで、血液が心臓に送り返されやすくなり、全身の血行が良くなるためです。


血液が全身を循環しているおかげで生命を維持することができているのです。血液はとても重要な役割をになっています。

血液が全身を循環しているおかげで生命を維持することができているのです。血液はとても重要な役割をになっています。

血液の循環がと悪くなるとからだの調子が悪くなります。

ちょっとしたことで血行が悪くなりやすいものなので、日頃から血行を促進するのによいことは取り入れましょう。

私たちが習慣にしているお風呂も、血行を良くするのに効果があります。お風呂に入るだけなのでとても簡単です。

血行を良くするために、お湯につかって体のしんまでじっくりからだを温めることをおすすめします。

からだを清潔にするのならばシャワーで十分ですが、シャワーだけだと体の表面しか温まりません。

38~40℃のぬるめのお湯に10~15分くらいつかりましょう。副交感神経を優位にはたらかせ、血管を拡張させることでからだをしっかり温めることができます。入浴剤を入れるとより血行を促進する効果が高まります。

「半身浴」「足湯」「湯たんぽ」もおすすめです。
お風呂を利用しなくてよい「足湯」も「湯たんぽ」も良いでしょう。

半身浴
心臓から下だけ湯につかる「半身浴」は心臓に負担がかかりにくく、ゆっくり体を温める効果があります。のぼせにくいので夏の入浴にもぴったりです。
半身浴をするときは肩にタオルをかけて冬場は上半身を保温するか掛け湯をするのが良いでしょう。

足湯
足の太ももが湯につかる深い容器にして下さい。
傘立てに使われるような深い容器にして下さい。

湯たんぽ
金属製の熱伝導の良い湯たんぽにして下さい。プラシチック製、スポンジ製は温めるには便利ですが、体の芯まで温めることは出来ません。女性のために作られた湯たんぽは、女性のお腹の大きさ、子宮の大きさに作られました。ですから、湯たんぽサイズも湯量が3.6リッター、2升サイズ以上の物にして下さい。
バスタオルでくるむには小さすぎてやけどをします。タオルケットでくるんで低温やけどに気をつけましょう。
お腹から温めて手足を温めて行きます。


世界が認めた体にいい食べ物ベスト50

世界が認めた体にいい食べ物ベスト50
参考:Healthy Food: 50 Of The Best In The World

アーモンド(Almonds)
りんご(Apples)
アーティチョークハーツ(Artichoke Hearts)
アボカド(Avocado)
ビーツ(Beets)
豆(Beans)
ピーマン(Bell Peppers)
ブラックベリーとラズベリー(Blackberries And Raspberries)
紅茶(Black Tea)
ブルーベリー(Blueberries)
ブロッコリー(Broccoli)
玄米(Brown Rice)
芽キャベツ(Brussels Sprouts)
さくらんぼ(Cherries)
チーアシード(Chia Seeds)
コーヒー(Coffee)
クランベリー(Cranberries)
ダークチョコレート(Dark Chocolate)
枝豆(Edamame)
たまご(Eggs)
亜麻仁(Flax Seed)
しょうが(Ginger)
ギリシャヨーグルト(Greek Yogurt)
緑茶(Green Tea)
ケール(Kale)
ケフィア(Kefir)
レンズ豆(Lentils)
オートミール(Oatmeal)
オリーブオイル(Olive Oil)
オレンジ(Oranges)
ピスタチオ(Pistachios)
ザクロ(Pomegranate)
じゃがいも(Potatoes)
キヌア(Quinoa)
赤ワイン(Red Wine)
サーモン(Salmon)
イワシ(Sardines)
海藻(Seaweed)
しいたけ(Shiitake Mushrooms)
スキムミルク(Skim Milk)
ホウレンソウ(Spinach)
イチゴ(Strawberries)
ひまわりのもやし(Sunflower Sprouts)
サツマイモ(Sweet Potatoes)
トマト(Tomatoes)
ウコン(Turmeric)
ツナ(Tuna)
クルミ(Walnuts)
水(Water)
ミルクティー(White Tea)


日本の伝統的な健康療法です。

日本の伝統的な健康療法です。
健康療法、民間療法とは、自らの体は自らで守ると言う考えの昔からある、一般の人々の間で長い年月に渡り語り継がれてきた健康維持、病気予防、病気治療の方法です。
日々の生活に根付いたものであり、毎日の積み重ねで健康が保たれるという考えにもとずいています。
食事や運動、民間薬である薬草や按手によるものまで多くあります。ですから日常の一部としてごく自然に生活の中に溶け込んでいるのです。

日本の健康療法、民間療法です。
湯治(とうじ)、お湯につかり温める温泉療法がです。数日かけて入浴を続けることで温泉の持つ力を借り、人間の自然治癒の能力を高めるます。温泉に浸かることは疲れを癒すだけでなく、様々な病を治癒させる方法として重要視されてきました。

風邪にはたまご酒やしょうが湯
風邪にまつわる健康療法、民間療法があります。風邪を引いてしまった時の「たまご酒」や「しょうが湯」を飲む、「ネギを首に巻く」というような方法があります。これらはすべて日本ならではの民間療法です。風邪予防のために手洗いうがいを行っている人がいますね。実はこれも大変古くから伝わる日本の風習であり健康療法、民間療法です。

他にも、日々の営みの中には探してみると驚くほど沢山の健康療法、民間療法があります。薬のように試してみて害になるほどで無いので、みなさま一度試してみて下さいませ。良い療法がきっと見つかるでしょう。現
現代医学は、病気を研究しており、結果的には人を健康にする考えにもとずいていません。現代医学を過信すること無く、日本の古来からある考え方「自らの体は自らで守る。自らの体の内にある自らを良くする働き。」を信念とし、信じてきました。
どうぞ、積極的に毎日の積み重ねで健康を維持して行きませんか。
よろしくお願い申し上げます。


日本に古くからある健康法にはいろいろなものがあります。

日本古来から伝わる健康法です。
日本に古くからある健康法にはいろいろなものがあります。

乾布摩擦、青竹ふみをご紹介します。
乾布摩擦で皮膚に良い刺激を
乾布摩擦は、乾いた手ぬぐいやタオルで体の皮膚をこする健康法です。
皮膚に刺激を与え、摩擦熱で体表面の毛細血管の血の巡りを良くし、温め、軽い運動効果により自律神経のバランスを整える効果があります。
このことで免疫力が向上し、風邪をひきにくい体が作られます。
さらに、体をこする動作は腕や肩の関節をほぐす軽い運動になります。
乾布摩擦は上半身裸になって行うイメージがありますが、下半身もされることが良いでしょう。強過ぎる刺激は肌を傷つけてしまう恐れもありますので、擦り過ぎには注意しましょう。

古来からある青竹ふみでツボを刺激
青竹ふみは、割った竹の上で足踏みをすることにより足裏に運動刺激を与える健康法です。最近は、プラスチックやゴムなどでできたものを使っている方も多いです。
足裏は「第2の心臓」と呼ばれるほどに、体の中でツボの集中している部分です。
そこを刺激することで、血行促進、むくみや冷えの解消、疲労回復などの効果があります。また足踏みを繰り返しますので、軽い運動にも成ります。

これらの健康法は気軽に行うことができます。体調が悪いとき、安静にすることが一番良いので無く、体調が悪いときにも同時に体調回復のための血液循環回復の為の軽い動作、自律神経やホルモン機能回復のための体の中心部を温める事をすることが良いでしょう。健康維持の体作りをのサポートとして現代でも多くの人々から親しまれています。