変形性関節症

関節症になった原因は、色々なことがあったことでしょう。

生き物には、自らの体を自らの力で良くする能力があります。

まず、血行をよくすることです。

血液の中に、自らの体良くする能力があります。

22時から3時まで睡眠を取りましょう。

冷えた体ではよくないです。

湯たんぽ協会 竹内良光(会長)

たけうち整体院 大阪市平野区


食いしばり

寝ている時に歯ぎしりをしていたり、起きている時でも無意識に歯を食いしばってしまっている人は案外多いようです.

虫歯でもないのに歯やあごが痛んだり、頭痛がしたりする方は要注意です。

ひどい場合、顔の形まで変わってしまうことがあります。

歯ぎしりや歯の食いしばりは寝ている時などに無意識でしています。

無意識なので長時間歯や顎に負荷がかかっていても気づきません。

あごの疲れ・痛み、首・肩の凝り、偏頭痛、あごが大きくなり顔が大きく見える、

おすすめマッサージ

顔に、乳液等を塗り顔マッサージをしながら休みましょう。

10時から3時まで睡眠をとることを中心に

湯たんぽ療法で体を温めからだをよくするはたらきをたかめましょう。

湯たんぽ協会 竹内良光(会長)

たけうち整体院 大阪市平野区


むくみの季節

血行不良で皮下組織に水分が滞るとむくみがおこります。

水が冷えをつくり、冷えが病気をつくるといわれています。

まず、体を温めましょう。

そして、利尿作用のある食べ物をとりましょう。

ゆでアズキがよいですよ。

湯たんぽ協会

たけうち整体院


50歳代の方が、腕が上がらなくなりました。とおっしゃいました。

腕が上がらなくなりました。

季節の変わり目となりました。

朝夕少し涼しいようです。

体感で暑く感じても、

二の腕が冷えています。

腕から肩まで冷えていきます。

もう腕から肩まで硬くなり、

腕が上がらなくなってゆきます。

このような時、早く対処してください。

血行を良くして、あたためることです。

ご来店お待ちしています。

平野区整体院 たけうち整体院

湯たんぽ協会 竹内 良光


秋分の日がすぎて

朝夕、急に涼しくなったと思いませんか。

体調管理にご注意ください。

まず暖めましょう。

だめでしたら、ご来店ください。


季節の変わり目

天候がめまぐるしく変化するなか

気温、湿度、気圧の変化で体調に影響があります。

お気をつけください。


体の熱はどこで作られるのでしょうか。?

体の熱はどこで作られるのでしょうか。?
安静にしている状態で、
その際に常に作り出される熱は、
筋肉では、22%程ですが体を動かし運動すると、
なんと、80%に跳ね上がります。
どうぞ、心地よい運動を毎日続けられることを、
おすすめいたします。



年末年始も休まず営業いたします。

 

2015年末-20156年始

年末年始も休まず営業いたします。

休みの時こそ、

お身体いたわってください。

休みの間に、メンテナンスいたしましょう。

お身体のメンテナンスは、

休み前が効果的。

お休み初めでもよいです。

中ごろでもまにあいます。

最後頃までには、お身体なんとかしましょう。

湯たんぽ協会


湯たんぽは、冬だけのものではありません。

湯たんぽは、冬だけのものではありません。

季節の変わり目で、気温の変化の大きい

秋こそ、ご利用ください。

患者さんの多数の方は、

湯たんぽは、寒い時の冬に使うものと思われています。

湯たんぽは、

血行不良による、頭痛・肩こり・むくみ

冷えからおこる、生理痛・胃腸の痛み・腰痛・便秘

などの症状にも、とても有効なものです。

湯たんぽを、寒さ予防だけでなく、

上記の症状に、積極的に使って頂きたいです。

当店では、体調の悪い方には

夏でも湯たんぽで、お腹や背中を温めています。

温めるために、湯たんぽベッドも製作しました。

なぜ、そんなことをするかといえば、

湯たんぽは、健康状態を高めることの出来る物だからです。

治療用具のように使えるからです。

症状が重い方や治りづらい症状を抱えている方は、

ぜひ使ってみませんか。

この秋こそ、ぜひ使って下さい。