ストレスによる過緊張からメニエル症に、

この方は、介護のストレスによる過緊張から、

メニエル症(内耳のリンパ水腫とされ、リンパ液が過剰になって起こる症状で、その背後には

血流障害が存在するようです。)

になり、めまい、耳鳴りが発生したそうです。

病院では、点滴を受け、クスリをもらうと、とりあえずめまいは治まりますが、

疲れがたまると、めまいは再び起こり耳鳴りも収まらなかったようです。

そんな時、爪もみで良くなった。の表紙の本に目が止まり、

早速に爪もみを始めました。

一日二回、熱心に(熱心に)して、一週間でめまいがなくなり、

三ヶ月、一日二回、熱心に(熱心に)して、耳鳴りもほとんど気にならない程度になりました。

爪もみは、緊張をゆるめ血流状態を改善し、それにより内耳リンパ液の流れもよくなりめまい

や耳鳴りが消失したようです。

マッサージで、そのように血液の流れを良くし、リンパ液の流れもよくし、自律神経のバランス

も良くして、

辛い毎日から決別しましょう。


あなたを健康にしてくれる健康法が、あなたを待っています。

指圧やカイロプラクティック、マッサージなどにも医療的な効果は考えられます。

使い方次第で、組み合わせて使うことでさらなる効果も得られるかもしれません。

痛い (→o←)ゞ  辛い (>_<) が取れるのであればいろいろ試してみるべきです。

医学も整体も、人を健康にするという目標は同じであります。

効果を出す方法をクスリにするか

血液の流れをよくして常にきれいな血液を流れるようにするか、などの違いです。

いろいろ、どれだけ試してみればよいでしょう。

例えば漢方薬、遅くても一ヶ月以内にこうかがあるようです。

まだまだ、あなたを健康にしてくれる健康法が、あなたを待っています。


免疫力を高める生活習慣と食事

免疫を高める方法

1.夜の10時から早朝の3時までの時間、良い睡眠をとる

2.ウォーキング、ジョギング 適度な運動をする

3.感謝の心でストレスをためない

4.笑顔の生活で、免疫力がアップしましょう。

5.体を温め、体温を下げない

6.腸内環境を整える

7.バランスの良い食事をとる

8.マッサージで、全身ほっこりしましょう。

以上のように、免疫を高めるには、体を温める事が基本のようです。

それには、体の外から熱を加ることと、

体の中から熱の生産性を上げる事、

体の内から熱をわき上がらせる事

一例に、いまの日本人の食生活は、

カルシウムやマグネシウムなど各種のミネラルが非常に不足しています。

カルシウムは日本の土の中にあまり含まれておらず、

水も軟水で、カルシウムが少ない水です。

したがって農作物などにもミネラルの含有が少ないのです。

さてさて、困りました。


肩こりをを解決したい

長年の悩みであった、自分の肩こりをを解決したいと言う理由から、

医者になった人がいます。

この方がおっしゃることに、

さまざまな病気の原因として大きいのは、血流が悪い事です。

病気にならない生活、病気になっても回復する生活を提唱しています。

それは体を温めることを習慣ずけることです。

湯たんぽや爪もみ法は簡単で、しかも効率が高い方法です。

 


健康と病気の違いは !!

健康と病気の違いはと聞かれれば

ひとつに「体温」があげられます。

例として、アトピー性皮膚炎、高血圧症、糖尿病、潰瘍性大腸炎、

歯周病、ガン、子宮内膜症、不妊症、など

の多くの病気の方の体温が低いことが解りました。

現代医学の弱点は、消炎鎮痛剤、ステロイド、抗不安剤、降圧剤、抗がん剤などの服用で

薬のとくいせいとして、体温を下げてしまう働きがある事で、低体温を起こしているようです。

体温は健康の一部で無く、

健康=体温といえます。

二人三脚、父母のごとく、夫婦のごとくと言えます。


甲状腺は、自己免疫疾患が起こりやすい内分泌腺の病気

なんらかの理由により、免疫の仕組みに以上が起こると、

自分の細胞ややたんぱく質攻撃してしまう自己免疫が起こり、

それにより、甲状腺刺激ホルモン受容体が刺激され、

または甲状腺の濾胞(ろほう)細胞を破壊されることで

大半の甲状腺の病気を発症するようです。

免疫の不正常は、無理な生き方をして、心身にストレスを受けることでおこるようです。

免役を正常に働かせ、かつまた、その働きを良い状態で高めてゆくにはどのようにすれば

良いでしょう。

1.夜の10時から早朝の3時までの時間、良い睡眠をとる

2.ウォーキング、ジョギング 適度な運動をする

3.感謝の心でストレスをためない

4.笑顔の生活で、免疫力がアップしましょう。

5.体を温め、体温を下げない

6.腸内環境を整える

7.バランスの良い食事をとる

8.マッサージで、全身ほっこりしましょう。

一例ですが、どうぞご参考になさってください。


甲状腺の病気について

日本でこの病気をもつ人は、500万人と推定されています。

甲状腺の病気は、適切な治療を進めても、多くの場合、病気との長い付き合いになります。

そのため、一生治らないものと悲観してしまう方もいるようです。

医学の発達とともに治療技術は、急速な前進をみせています。

皆様の切ない思いが、天に届き病気の改善がなされる事を切に願います。

当家の妻も、ながねん甲状腺機能亢進症になりました。

甲状腺ホルモン量が増えすぎる症状が起こりました。

しかし、症状は時として、甲状腺ホルモン量がへりすぎる症状も起こりました。

このため、「元気」をつかさどる甲状腺ホルモンの変化により

当家の妻は、毎日の生活が、体調を整える闘いであったようです。

甲状腺のはたらきは、脳がコントロールしています。

妻は、時としてヒステリックになるのも、このように理解できます。

甲状腺の病気は、自己免疫疾患が起こりやすい内分泌腺のようです。

この病気も「免疫」が、関係していることのようです。


甲状腺はどんな働きをしているの?

甲状腺は、食べ物に含まれるヨウ素を材料にして甲状腺ホルモンを作り、血液中に分泌す

るところです。

甲状腺ホルモンには、体の発育を促進し、新陳代謝を盛んにする働きがあります。

つまり、活動するために必要なエネルギーを作り、

快適な生活を送るためになくてはならないホルモンです。

甲状腺ホルモンは多すぎても少なすぎても体調が悪くなってしまいます。

甲状腺ホルモンの働きとは、

1、脳に作用して、その働きを活性化する。

2、新陳代謝で得られたエネルギーで、体温を調節する。

3、全身の細胞の新陳代謝を促進し、エネルギーを作る。

4、心臓や胃腸の働きを活性します。


甲状腺の病気について

当家の妻も20才の時発病(原因不明)

本人はストレスからかも、? とのこと

相当大変な時期を通過して、今61歳にして小康状態です。

もう良くなったよ。との本人談であるが、

疲れやすく、仕事の休みの日には一日中休んでいるようです。

妻をいとおしく思う反面、

大阪府外の自然豊かなところに連れて出かけてあげたいと思っても、

本人の疲れのため出くいことに、私の勝手な不満が少々つのります。

身内ですら理解しにくい病気に、周りの人にわかってもらえないだろうと、

妻は、常にそんな不安をかかえているようです。

甲状腺疾患について、

私には(夫には)、メンタル「心の~」「精神的な~」な面の勉強がもう少し必要のようです。


夏の冷えが怖い。

夏の冷えが怖いと言われるには、わけがあります。

1.知らず知らずのうちに冷えているのに気が付きにくい

2.冷えに無防備に体がなっており冬よりダメージが強い

3.冬ならばいざ知らず、夏までも冷されて

一年じゅう冷えやすい冷え体質になってしまう。

4.クーラーーや冷たい飲食で強制的に冷やされて

自律神経が乱れさまざまな不調になります、

頭痛、肩こり、腰痛はもちろんのこと

低体温、低血圧、代謝不足にならないように注意しましょう