整体院について一覧

血行促進法のよい点は

血行促進法のよい点は、
体をこすって血管に刺激を与えると
血管内部の細胞で一酸化窒素が作られ、
それが血管を取り巻く筋肉を緩めるように働くです。
そうすると血行がスムーズになり、
手足をポカボカさせる効果があるのです。
狭心症の発作で、そのときニトログリセリンを飲むのは、
薬により、休の中で一酸化窒素が作られ
筋肉収縮を緩めてくれるためです。
さらに頭から顔、首、腕、胸、肩、お腹、腰、足と全身をこすると
全身の血行を促進させるる健康法です。




きれいな血液って何?

きれいな血液って何?
きれいな血液は、
スムーズな血流であること。
血中成分が正常に働くことで,
免疫力が高まっていることです。
きれいな血液は、「血液サラサラ」といいますね。
ふだんでもよく言われる事です。
血液がきれいでサラサラと流れていれば、
病気になりにくいというのは、 もはや常識であります。
ところが実際は、血液が汚れ、ドロドロになっている人はどんどん増加しています。
その証拠は、日本人の死亡原因に明確にあらわれています。
現在の死亡原因は、
1位がガン
2位心臓病、
3位脳卒中です。
2位、3位はいずれも、血流が悪くなることでおこる循環器系の病気です。
ところが、脳卒中と心臓病の2つを会わせると、
1位のガンを抜いて死亡原因のトップになってしまいます。
これからわかるように、
現在の日本人にとって気を付けるべきは、
血液・血管の病気であります。
脳卒中、心臓病はいずれも動脈硬化が原因になることが多いといわれています。
動脈硬化とは、
血管の内側にコレステロールや中性指肱がたまって
血管が狭くなり、血管自体の柔軟性がなくなって、弱く、破れやすくなります。
血管の分かれ目や、毛細血管で血液が滞ったり詰まったりします。
体中に酸素や栄養を運ぶという重要な役割をする血液を、
きれいな血液、
血液サラサラにしましょう。

湯たんぽ協会です。

 


現代は血を汚す原因が数多くあります。

現代は血を汚す原因が数多くあります。
病気の原因のひとつに、血液の汚れにあります。
血液をきれいにすることは、病気退治に大切な事です。
現代生活にはあまりにも
血を汚すものが多いようです。
血液は、全身をくまなく巡回して、
60兆個の細胞に栄養と水と酸素を与えています。
そして、各細胞から出される老廃物を肺、腎臓、肝臓に運んで、
呼気や尿や便として、体外に排出しています。
血液が、生命のもとである細胞を養っています。
血液が汚れて質が悪くなれば、
全身の細胞に影響が及びます。
細胞が不健康になると、
さまざまな病気があらわれると言われています。


うつ病など、

うつ病など、
心と体の健康は表裏一体です。
心にトラブルを抱えた人の体の、
手足やおなかがとても冷えています。
体が冷えるからうつ病になるのか、
その原因が心からか又は、
体から起こるのか解りませんが、
体の冷えが心の状態に何らかの影響を及ぼすことは、
医療の現場でも認知されつつあります。


体の冷えは心にも影響を与えます

体の冷えは心にも影響を与えます。
心と体の健康は表裏一体です。
体にトラブルが起こり始めると、
同時に心にもトラブルが起き始めています。
つまり、
体が冷えているとき同時に
心も冷えているといえます。
体が冷え始めると、
血液の循環が悪くなるだけでなく、
心の状態も悪くなってしまいます。
心を元気に保つには、ストレスを取り除くだけでなく
体を温める事がとても大切です。


温め効果が最高クラスの湯たんぽ

温め効果が最高クラスの湯たんぽ

昔懐かしの湯たんぽ。

じつは他の

暖房器具をはるかにしのぐ、

最強の

温め効果を持っています。

1時間当たりの熱容量は、

ガスストーブは、約6000カロリー

使い切りカイロは、約770カロリー

着火式カイロ(ハクキンカイロ)は、約10,000カロリー

これに対して金属製の湯たんぽ4ℓは(当店オリジナル・ステンレス製)

約260,000カロリー(100℃のお湯で使い始めて)

温める力は、ほかに比べて強力です。

この湯たんぽの温める力は、

冷え退治の近道です。

冷えで不妊症の方には有効でしょう!



免疫力を高める方法の前に体を温めましょう。

以下の方法が、

免疫を高める方法として提唱されています。

以下の方法をされる前に

まず、

体を温める事を

お願いいたします。

「免疫力を高める」には、

1、質の良い睡眠をとる。

2、適度の飲酒を心がける。

3、喫煙をひかえる。

4、充分な休養などでストレスをためない。

5、爪をもむ。

6、適度な運動をする。

7、笑う。

8、体温を下げない。

9、日常の飲料水に気をつける。

10、薬・抗生物質を乱用しない。

11、バランスの良い食事を心がける。

12、免疫力を高める食品を利用する。