湯たんぽ療法一覧

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、神経圧迫によって腰の痛みやしびれ、さらには、下半身にまで痛みやしびれ、などがおこる病気です。

骨にはいろいろな名前がついていますが、脊椎(せきつい)は背骨のことです。

脊椎は、椎骨(ついこつ)と呼ばれる骨が積み重なって体を支えています。

椎骨は2つの骨(椎体(ついたい)&椎弓(ついきゅう)から出来ています。椎骨(ついこつ)と椎骨の間には、空間があいています。

この空間のことを、椎孔(ついこう)と言われています。

椎孔が重なると管、導管になります。これが脊柱管(せきちゅうかん)です。

脊柱管には、たくさんの神経が入っている袋「硬膜(こうまく)」があり背骨の上から下までの神経を脊柱管が守っているのです。

この神経に問題が起こると、動くことが出来なくなります。

脊柱管狭窄症になると、脊柱管のまわりの骨が何らかの原因で、変形してしまったり、厚くなったりすることで脊柱管が少し狭くなります。

それにより、そのまわりにある神経や血管を圧迫するようになります。

神経圧迫のために、腰痛や足のしびれがおこる症状が出ます。

脊柱管狭窄症になりやすいのは50代から80代と言われています。

そのため、「腰が痛くても年齢のせいだから。」と思って何もしないで入ることが多く、
あまりの痛み、苦痛で病院を受診するようになります。

ある調査では、脊柱管狭窄症の患者様は、約240万人いる(病院へ行かない患者様も含めて)とも言われています。

そうなると70代になると12人に1人ぐらい、脊柱管狭窄症で困っている人がいるようです。

また、脊柱管狭窄症患者の中には、高血圧や糖尿病の方が多いことも指摘されています。

腰痛を軽く考えると良いことが無いでしょう。


若さを保ちたいなら、守るべき事と絶つべき習慣

若さを保ちたいなら、守るべき事と絶つべき習慣

①22時迄には寝る。寝る直前のテレビやパソコンは止めましょう。
老化した肌は良い睡眠により再生されます。
②肌には大敵です。今すぐ禁煙をして下さい。
タバコを1本でビタミンCを25mgも消耗します。 ビタミンCは、美白やコラーゲン合成に必要な成分だからです。ビタミンC不足になると、シミ、ソバカス、たるみの原因になります。
③肌を傷める習慣を止めましょう。
・洗顔時に熱い湯を使用する。
・顔を洗うときに石けんや洗顔料で長い時間かけて洗う。
・洗顔やメイク落としをするとき、メイク残しのないようにと入念にクレンジングし過ぎない。
・洗顔後に、顔の消毒、殺菌をしないように。
④難しい顔をしないようにする。
笑うようにしましょう。


健康になりたいのですがどうしたらいいですか。

健康になりたいのですがどうしたらいいですか。
二週間おきに体調を崩しています。
症状はせき、お腹を下す、頭痛。
すぐに風邪をひいてしまいます。
食事では野菜、肉をしっかり摂るようにしています。
朝はごはん、ミニトマト5こ、肉、ハーブティー
昼はお弁当:ミニトマト3個、肉、ゆでたまご、ごはん、緑茶
夜はごはん、野菜各種(にんじんも食べています)
肉もしくは魚、ハーブティーそして一日にコップ1杯の牛乳。
珈琲はよくのんでいます。
何がいけないのでしょうか。
運動は通勤と週末のウオーキング。
健康な時はダンベル体操。
(今は風邪をひいているのでやりません。)
どうしたら健康な体を取り戻せるのでしょうか。
どなたか健康に自信のある方、教えてください。
よろしくお願い致します。

はい、承知いたしました。
相当にお困りのことと存じます。
以下の方法を試したことが無ければ、どうぞお試し下さいませ。

症状はせき、お腹を下す、頭痛。 ですね。
せきは、全身運動です。せきをする事で体温を上げようとしています。
お腹を下すのですね。お腹が冷えていると下しやすいです。
頭痛は、葛根湯を試して下さい。これを飲んで楽になれば冷えによる頭痛です。

朝はごはん、ミニトマト5こ、肉、ハーブティー
昼はお弁当:ミニトマト3個、肉、ゆでたまご、ごはん、緑茶
夜はごはん、野菜各種(にんじんも食べています)
肉もしくは魚、ハーブティーそして一日にコップ1杯の牛乳。
珈琲はよくのんでいます。ですね。

食事の傾向ですが、体を冷やす物が多いですね。
ミニトマト、ハーブティー、緑茶、
何よりも珈琲はよく飲んでいるのですね。
体が冷えている症状があるのに、
体を冷やす食べ物、飲み物を取られています。

暑がりであっても、寒がりであっても
まずお腹を温めるようにしてください。
この傾向の方は内臓や婦人科系の体温が低い方が多いです。
湯たんぽ(鉄製)3.6リットルをタオルケットでキャンディの様にくるんで、
お腹に抱えて温めて下さい。


「不況になると人々が将来について不安に思うようになる。するとその将来の不安を解消しようとする。」

社会不安、不況になると健康ブームが巻き起こる?
「不況になると人々が将来について不安に思うようになる。するとその将来の不安を解消しようとする。」のです。
漠然とした生活不安が「金銭」のことであったり、「健康でいたい」と言う行動思考になります。人をその様に駆り立てるのです。
中共コロナで、世の中の不安をあおり、その陰で健康ブームを作り上げて儲ける人達がいます。
やり過ぎの消毒、効果の無いマスク、ワクチン打てば安全だ、等々…。
すべて、医療関連者、医療関連企業だけが儲けるシステムを作り上げました。
皆様、よく調べてよく考えて行動しましょう。
自らの生命は、自らで守りましょう。
家族の生命は、あなたが守りましょう。
政府、医者、地域の有力者は、貴方たちを守ってはくれません。


自然療法に対して、科学的根拠のないインチキ治療法と捉えられています。

免疫力は、顕微鏡で見えるものではありません。見えないものです。

医者でなければ病気はなおらないという考え方が

現代医学に広く存在しています。

とくに現代医療では、薬物に頼らず病気を治す手法は

治療法として全くと言っていいほどありません。

自然療法に対して、科学的根拠のないインチキ治療法と捉えられています。

どんな病気でも自然治癒力で治るのです。

自分の知らないものは否定する。

2500年前の古代ギリシャの医学の父と言われた

「医聖ヒポクラテス」は、人は生まれながらにして

自身の体に100人の名医を持っている。医者はそれを

手助けするだけだ。と言いったそうです。

「再生して治す機能」又は「免疫」と呼ばれています。

病気を治すということは、病院に頼ることではありません。

科学技術が新生児の出生率、生存率を引き上げ、

老人の平均寿命を伸ばしてきました。

しかし、最も大切なことを詐欺を働くようにないがしろにしました。

自らの身体にある、、自らで自らをよくする働きです。

作るのは自分。

治すのも自分。

だまされては、なりません。

アメリカの医師、ロバート・メンデルソン博士は言います。

・現代医学の神は「死神」であり、 病院は「死の協会」である

・医学で評価できるのは、1割の救命医療のみです。

・現代医学を構成する、医者、病院、薬品、医療機器の9割が

この世から消えてなくなれば人々の体調はたちどころに

よくなるはずだ。

・現代医学は、「オカルト」に陥っている。

代医学を盲信する人々はまさに

現代医学という宗教の「盲信者」であり

この「信仰心」によって、現代医療が支えられています。

現代医学・現代医療は「グローバル製薬企業」に支配されています。

今日のコロナクチンがそれです。

思い出してみてください。

病院に行って、薬が処方されないことはほとんどありません。

患者を薬漬けにする

薬は病気を治さないんだから

いくら薬を飲んでも治らない。


病気の漢字のごとく、

病気の漢字のごとく、
感情の変化が体に与える影響は大きいです。
病気の漢字のごとく、「気を病む」と書きますから、
避けがたい気の病を背負いながら生活する事は、
主は言われました。「すべた、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい」です。
しかし、私ども整体院にできることは体にまで疲れた症状を改善してあげることはできます。 祈り


最近のお客様について

最近のお客様について
足のふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋(かたいさんとうきん)を痛めた方です。
ここは山村でありますので、坂の上り下りが必ずあります。
この方は山仕事もされますので、足の痛みのため今年に入ってまったく仕事をすることが出来ませんんでした。このままでは回復できずに障害の体であり続けるのかと危機的状況に病んでいらっしゃいました。
再三にわたり医者通いをされましたが、骨に異常はありませんとの事でした。
ゆきずまった結果、来院されました。
「自らの体を自らの力で良くする働き」を使って施術いたしました。
現在、このお客様は家の石垣を修理するため石を運びコンクリートを練って石を積み上げています。
穏やかに快方に向かい急激な変化を遂げて現状に至っています。
「自らの体を自らの力で良くする働き」があることをを信じて
ご来院下さいませ。
                         湯たんぽ協会推奨湯たんぽ使用


むくみの季節

血行不良で皮下組織に水分が滞るとむくみがおこります。

水が冷えをつくり、冷えが病気をつくるといわれています。

まず、体を温めましょう。

そして、利尿作用のある食べ物をとりましょう。

ゆでアズキがよいですよ。

湯たんぽ協会

たけうち整体院



近頃「腸」が、注目されています。

近頃「腸」が、注目されています。

健康と美容に関心の高い方々から近目されているのが

「腸」です。

食べ物や飲み物から摂取した栄養を取り入れ、老廃物を排出させる

腸の役割は、まさに健康のかなめです。

腸は、鍛える事は出来ません。

腸本来の役割を十分発揮できるようにするには?!

まず温めましょう。

湯たんぽが効果的です。

湯たんぽ協会

たけうち整体院