梅ジュースの作り方

line

準備品、ガラス瓶、

青梅の場合、  青梅1kg・氷砂糖1kg・酢1ℓ

完熟梅の場合、 完熟梅1kg・氷砂糖500g・酢1ℓ

1、梅のヘタを爪楊枝などで取ります。

綺麗に洗ってキッチンペーパーで拭くなどしっかり水を切る

串やフォークで数箇所刺す。

2、ガラス瓶に、梅→氷砂糖→梅→氷砂糖の順で入れる。

適当に何層かになるように入れてゆきます。

3、米酢又は、穀物酢又は、りんご酢を入れてます。

1ヶ月経過すると、氷砂糖は全溶け梅は少しシワシワになります。

2ヶ月経過すると、梅が下へ降りて、飲もうと思えば飲めます。

でもまだ酢が強めです。

3ヶ月経過すると、梅は全部下に沈んでゆきます。

蓋をあけると、梅の良い香りがしてきます。

もう飲めますよ。

お料理に使うのも

2~3ヶ月まてば出来上がりです。

1年ぐらい経つとまろやかになって、さらに美味です。

◎2014年のお盆・夏休み休暇の間も、

休まず営業いたします。

お休みの前やお休み中に、

体調が良くなるように

ご来店ください。

がんばらせていただきます。

当店は、JR平野駅すぐそばで、生野区に隣接しています。

酢について、近年秘められた素晴らしい健康効果が

line

酢について、近年秘められた素晴らしい健康効果が

次々に明らかにされており、

昔から知られている疲労回復効果、抗菌効果、食欲増進効果などはもちろん、

血圧効果作用、中性脂肪低下作用、血糖値低下作用、肝機能強化作用、

肥満防止作用、コレステロール低下作用、ストレス解消作用、自律神経調節作用、

老化防止作用、免疫力強化作用、自律神経調節作用、老化防止作用、

胃の粘膜修復作用、こりをほぐす作用、美容・美肌などがあるようです。

酢を上手に使ってください。

ローマ帝国時代、

クレオパトラをはじめ、多くの貴族が健康と美容にお酢を愛飲していたといわれています。

また、酢漬けの食品は保存食品として、多くの人々の貴重な栄養源となりました。

最低1日大さじ1杯(15CC)を、コップ一杯の水で薄めて飲むのが目安ですが、

高血圧対策など、その効果によっては、大さじ2杯ほどとったほうが効果が上がるケースもあるようです。

生野区に隣接する、JR平野駅すぐそば、たけうち整体院

血液は、全身をくまなく循環して、

line

血液は、全身をくまなく循環して、

60兆個の細胞に栄養と水と酸素を与えています。

各細胞から出される老廃物を肺や腎臓に運んで、

呼気や尿として、体外に排出しています。

健康と血液は、大切な関係です。

 

当店は、JR平野駅すぐです。

生野区にも隣接しているところです。

 

温めると免疫力が上がる。

line

体が温まることで

血流が明らかに良くなります。

体が温かい人と体が冷えている人とでは、

体の隅々にまで流れて循環する血流量は、

相当量違ってきます。

血流量がよいと、免疫力も高まった状態に保たれるので、

病気になりにくい体になります。

ですから、当店の体を温める施術をお勧めいたします。

 

2014年のお盆・夏休み休暇の間も、

休まず営業いたします。

お休みの前やお休み中に、

体調が良くなるように

ご来店ください。

がんばらせていただきます。

脳を効率よく動かすには

line

人の脳には、1,000億以上の神経細胞ニューロンがありすべて数えるには3,000年もかかります。

人間の脳は成人で1200~1500gグラム、体重の2~2.5%パ―セントほどの臓器です。

1日5000kcalキロカロリ―のエネルギーを消費します。

脳には1分間に、血液全体の30パ―セントに当たる750ミリリットルの血液が流れています。

血流が3分間止まると神経細胞ニュ―ロンは死滅し、後に残るのはグリア細胞になります。

グリア細胞とは、神経細胞ニューロンを囲んでその役割をサポートする役目を果たしている細胞。

神経膠細胞ともいわれています、

神経の中で神経細胞ニューロンの隙間を埋め、それらニューロンの代謝を促している細胞。

ある程度の再生能力があり、脳実質の障害に対する修復に重要な役割を果たしています。

グリア細胞には、神経細胞が減少して脳が萎縮するなどの変化を補う機能があるといわれています。

脳を効率よく動かすには、「活性化」するとして、健康食品、音楽、音読、暗算、視覚刺激、笑いなどが取り上げられますが、

脳は、それぞれ異なる機能をもつ、たくさんの脳領域が協調して形づくっている協調システムです。

だから、もし一部の脳機能だけを突出させても、

システムとしての全体のバランスを壊してしまい、全体としての脳機能は低下することになります。

脳というシステムをうまくつかうのに一番大事なのは、まずバランスを取ること。

脳を効率よく動かすには、

体の一部の脳であると考え

まず、からだ全体の血流をよくすること、そうすれば脳の血流もよくなり、

脳も効率よく動いてくれます。

2014年のお盆・夏休み休暇の間も、

line

2014年のお盆・夏休み休暇の間も、

休まず営業いたします。

お休みの前やお休み中に、

体調が良くなるように

ご来店ください。

がんばらせていただきます。

血液の流れが良ければ

line

血液の流れが良ければ、栄養・酸素・赤血球・白血球・血小板も体内に円滑に運ばれ

各器官から出た老廃物も,とどこおり無く運ばれてきます。

5~6ℓの血液が体内をめぐっていますが、

血液の流れが良いかどうかが、人間の体の健康をはかる基本的用件です。

常に手足が冷たいのは病的な状態です。

line

常に手足が冷たいのは病的な状態です。

冷えを改善するには、動脈・静脈も毛細血管も、すべての内臓も含めた機能が全体的に良くならなければいなりません。

なぜ、冷えが病気の原因になりやすいのでしょうか。

それは冷えることで、血液の流れが悪くなるからです。

 

毛細血管の太さ

line

毛細血管の太さは8~20μm(ミクロン・1ミクロンは1000分の1ミリ)ほど。

直径約7~8μmの赤血球が、変形しながらこの毛細血管を通過して行きます。

1人の人間の血管の総延長はおよそ10万km、地球を約2周半の長さになります。

大動脈は、人体の中で最も太い血管です。

その太さには個々人によって差があり、

成人で、心臓から出てすぐの胸部大動脈で直径約25~30mm、腹部大動脈で20~25mmです。

両側の足に分かれる下肢動脈では18~20mmです。

そして、大静脈は、心臓に戻ってくる直前の辺りで内径が30mm前後です。