甲状腺は、自己免疫疾患が起こりやすい内分泌腺の病気

line

なんらかの理由により、免疫の仕組みに以上が起こると、

自分の細胞ややたんぱく質攻撃してしまう自己免疫が起こり、

それにより、甲状腺刺激ホルモン受容体が刺激され、

または甲状腺の濾胞(ろほう)細胞を破壊されることで

大半の甲状腺の病気を発症するようです。

免疫の不正常は、無理な生き方をして、心身にストレスを受けることでおこるようです。

免役を正常に働かせ、かつまた、その働きを良い状態で高めてゆくにはどのようにすれば

良いでしょう。

1.夜の10時から早朝の3時までの時間、良い睡眠をとる

2.ウォーキング、ジョギング 適度な運動をする

3.感謝の心でストレスをためない

4.笑顔の生活で、免疫力がアップしましょう。

5.体を温め、体温を下げない

6.腸内環境を整える

7.バランスの良い食事をとる

8.マッサージで、全身ほっこりしましょう。

一例ですが、どうぞご参考になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA