体温の低下は病気の発祥を促し、遂には命に関わる結果をもたらします。

line

体温の低下は病気の発祥を促し、遂には命に関わる結果をもたらします。

体温が下がるにつれて、人間の体は様々な悪影響を受けます。

がん細胞が活性化し、そして死に至ります。

36.5度・・・健康

36.0度・・・低体温、細胞に栄養や酸素を運ぶ血流の流れが滞ります。

35.5度・・・排泄に障害、アレルギー出現しはじめます。

35.0度・・・がん細胞活性化します。

34.0度・・・溺れた人の場合、蘇生できるか亡くなるかの瀬戸際です。

33.0度・・・凍死寸前、幻覚が現れます。

30.0度・・・意識不明

29.0度・・・瞳孔拡大

27.0度・・・死体の体温

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA